料金案内

矯正治療料金のご案内

※下記の料金は、すべて消費税抜きの表示となっております。

初診相談料:無料

初診カウンセリングの時間を十分に確保していますので、まずはお悩み、不安、ご要望などをしっかりとお聞かせください。

検査料:35,000円

矯正治療の方針・方向性を決めるための重要な検査です。
レントゲン写真撮影や口腔内写真撮影、歯型採取、咬合検査、歯型模型作製の準備のほか、必要に応じて顎関節の状態を検査します。

* セットアップモデル(治療予測模型)作製費用
上下顎作製の場合は 検査料に別途20,000円が必要になります。

診断料:10,000円

検査結果に基づいて治療計画を作成します。
検査結果をご説明し、これからの治療方針の詳細な内容をご説明します。

再診断料:5,000円

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)から永久歯列期(すべて永久歯に生え替わった後)の治療に移行する際の診断です。

矯正基本施術料金

乳歯列期(乳歯だけの時期)で装置を使用する早期治療が必要な場合に限り、一律50,000円となりますが、必ずしも乳歯列期のすべてのお子様に費用がかかるとは限りません。

乳歯 50,000円(必要な場合に限る)
混合歯列(小児) 250,000円 からのスタートになります。
永久歯列期の治療に移行する際に、すでにお支払いただいた金額分を永久歯列での基本施術料金から差し引かせていただきます。
永久歯列(大人)
  • 620,000/670,000円  表側装置の本格矯正の治療費
  • 850,000~950,000円 ハーフ(片顎の装置が裏側の場合)
  • 1,050,000~1,150,000円 リンガル(上下顎ともに裏側の場合)
表側矯正で標準採用している目立ちにくい装置、後戻り対策用のアライナー1回分を含みます。
リテーナー(保定装置) 15,000円(片顎)
処置料 (来院時)
  • 5,000円(永久歯列・表側装置の場合)
  • 7,500円(永久歯列・裏側装置の場合)
  • 5,000円/3,000円(混合歯列の場合)
治療後観察料 3,000円(保定期間の経過観察、クリーニング費用を含む)

※親子・ご家族で治療を受けられる方に、『親子料金プラン』を適用させていただきます。
※上記の料金は、すべて消費税抜きの表示となっております。

オプション
  • 後戻り対策用アライナー(ブログ記事をご覧ください)
  • ホワイトワイヤー
  • 矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラントアンカー)

アソアライナー 矯正治療料金のご案内

アソアライナー治療費:応談 ~ 750,000円

当院では、審美性に優れたマウスピース矯正『アソアライナー』を採用しています。

適応する症状が限られる治療方法であり、ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。
治療の途中でほかの装置を併用することがあります。

来院頻度は2週間から1ヵ月に1回となります。
追加料金がかかる場合があります。

矯正治療へのモチベーションの低い方や飽きやすい方にはお勧めいたしません。

処置料 5,000円 (来院時、技工作業を含む)
治療後観察料 3,000円
リテーナー(保定装置) 15,000円(片顎)

※上記の料金はすべて消費税抜きの表示となっております。

インビザライン 矯正治療料金のご案内

インビザライン治療費:850,000 ~ 1,050,000円

当院で採用しているマウスピース矯正には、アソアライナーの他に『インビザライン』があります。
アソアライナーよりも適応する症状の範囲は広くなりますが、適応する症状が限られる治療方法であり、ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。
治療の途中でほかの装置を併用することがあります。

来院頻度は2週間から1ヵ月に1回となります。
追加料金がかかる場合があります。

アソアライナー同様、矯正治療へのモチベーションの低い方や飽きやすい方にはお勧めいたしません。

処置料 3,000~5,000円 (来院時、技工作業を含む)
治療後観察料 3,000円
リテーナー(保定装置) 25,000円(片顎)

※上記の料金はすべて消費税抜きの表示となっております。

MTM (部分的矯正治療) 矯正治療料金のご案内

片顎のみの治療に関しては実際にお口の中を拝見してからの判断となります。

片顎(一箇所) 150,000 ~250,000円
片顎(一箇所)でも対合の処置が必要な場合 200,000 ~300,000円
片顎のみ全部(唇側) 300,000 ~ 400,000円
片顎のみ全部(裏側) 450,000 ~ 550,000円
処置料 5,000円
リテーナー(保定装置) 15,000円

※上記の料金は、すべて消費税抜きの表示となっております。

医療費控除について

医療費控除とは

『医療費控除』は、自分や家族がその年の1月1日から12月31日の間に10万円以上の医療費を払った場合、確定申告を行なうことで一定の金額の所得控除を受けることができ、納めた税金の一部が還付される制度です。
例えば、矯正歯科治療やインプラント治療を行なうために支払った医療費は、保険の適用されない自費診療なので全額自己負担となりますが、医療費控除の対象となり、税務署に申告すれば、医療費の控除を受けられます。

⇒ 詳しくは、国税庁のHPをご参照ください。 【国税庁のHPはこちらへ】

医療費控除のしくみ
  • 1年間の医療費-保険金の受領額-10万円 =
  • 医療費控除額
    (上限200万円)

所得税の還付金額(納付済みの税金の一部が戻ってきます)

医療費控除額×所得税率 = 還付金額

所得金額による税率

  • 195万円以下の場合…5%
  • 195万円超 330万円以下の場合…10%
  • 330万円超 695万円以下の場合…20%
  • 695万円超 900万円以下の場合…23%
  • 900万円超 1800万円以下の場合…33%
  • 1,800万円超の場合…40%
医療費控除の申告方法

以下のように必要な書類を用意し、確定申告書に必要事項を記入して、最寄の税務署の窓口に提出してください。
後日、指定の金融機関の口座に還付金が振り込まれます。

医療費控除に必要な書類
  • 交通費のメモ(氏名・日付・通院理由・交通機関を明記したもの)
  • 印鑑