治療を始める『タイミング』

治療を始める『タイミング』

治療を始める『タイミング』

永久歯列が全て揃っている状態であれば、思い立ったその時が歯列矯正治療を始めるタイミングかもしれません。

虫歯が多数にわたる場合や重度の歯周病などでない限り、歯の動きに多少の違いはありますが、年齢に関係なく治療は可能です。

乳歯列期あるいは乳歯と永久歯の混合歯列期では、治療をスタートする『タイミング』がとても大切になってきます。成長と発育、さらに様々な口腔内外の習癖などが現状の歯並びと密接に関わっているからです。

矯正治療を始めるタイミングについて、「いつから始めたらいいの?」「すぐに始めた方がいいのでは?」と悩まれている方がいらっしゃると思われます。

まずは初診相談・カウンセリングにお越しください。

実際に口の中を診させていただいた際に、気になる箇所以外に不具合が見つかることもありますので、症状から総合的に判断して矯正治療の開始時期を決めることになります。

あごの前後のアンバランスがなく歯並びが悪いだけの場合、永久歯列になってからでも大丈夫な場合もございますが、できる限り早く治療を始めた方がいい場合が多々あります。

まずはご来院のうえ気になることをご相談ください。

小児矯正と成人矯正の大きな違い

小児矯正と成人矯正の大きな違い

矯正治療をスタートする時期が異なるだけでなく、治療の診断や使用する装置が根本的に異なってきます。

小児矯正の場合は大人(永久歯列)の矯正とは異なり、成長予測を加えた治療計画を作成いたします。

したがいまして、治療期間も大人と比較しますと長期間を要しますし矯正診断も複数回行なうことになります。

それでも、小児から始める矯正治療ならではの大きなメリットがございます。

成人矯正では、成長発育を考慮することなく必要に応じて抜歯や、矯正用アンカースクリューなどを併用しながら原則では固定式装置による矯正治療をおこないます。

すでに歯列ができあがっていますので歯の交換を待ったりする時期がないため、小児矯正と比較しますと、治療期間も比較的短期間ですみます。

一方の小児矯正は、歯の交換時期を上手に利用いたします。

成長・発育時期を治療計画に取り込むことで上あごや下あごの発育を促進させたり、あごの成長方向のコントロールを考慮した治療を進めることが可能になります。

受け口や、下あごの後退、開咬などといった上・下のあごの骨格的なアンバランスを伴う場合には、このような成長・発育の時期を利用することで成人矯正では得られないあごの成長方向のコントロールが可能になるのです。

小児矯正と成人矯正の大きな違い

反面、治療期間は総じて長くなりがちですが、当院では、できるだけシンプルに最大限の効果が得られる装置を使用します。

また、毎日の生活で矯正装置によるストレスがかからないように心掛けております。

歯の交換時期に土台づくりをしっかりとおこなうことで、結果として固定式矯正装置による治療期間の短縮を図ることができます。

また骨格的な上・下あごの位置のアンバランス以外にも、成長・発育の時期は、上あごの歯列弓の拡大などもしやすいように足りない歯のスペースも作りやすいのです。

成長時期ならではのメリットは多いですので、早期の小児矯正治療はおすすめなのです。