乳歯・混合歯列期の矯正治療

乳歯・混合歯列期の矯正治療

小児矯正とは

矯正治療を始めるタイミングはいつでもいいのでは、と思われるかもしれません。
あるいは、歯並びが気になりすぐにでも治療を始めたほうがいいのでは?とお考えになっていることもあるのではと思います。

実際には、初診時のご相談でお口の中を診させていただいた際に、前歯の歯並びなどの気になっている箇所以外にも、全く別の部位に大きな不具合が見つかる場合があります。

あごの前後的なアンバランスがない歯並びのみの不揃いだけでしたら、大人になってからも十分大丈夫な場合もありますし、それでも早期に治療を開始した方が望ましい場合があるのです。

早期の矯正治療が必要な噛み合わせ

それでは、ぜひ早めに来院していただきたい場合をご紹介しましょう。

反対咬合 (受け口)

受け口が代表な例です。上あごが小さいことや遺伝的な要因が多いからです。
小学生ですでに受け口の場合は前歯の乳歯の晩期残存など局所的な要因であることもありますが、前歯や歯茎に過度の負担を与えていることもあります。
将来骨格性の咬み合わせに移行する可能性が非常に高いですので早期の治療が欠かせません。

反対咬合 (受け口)の写真
反対咬合 (受け口)の写真

下アゴの後退(出っ歯)

一見、出っ歯に見られがちですが上の前歯が出ているのではなく下アゴが後退している(下アゴが後方回転している)場合です。
下アゴが前方に出にくい機能的な要因の他、なんらかの理由で下アゴの前方への成長が抑制されている場合がありますので早期治療が不可欠です。
成人矯正でも、もっとも治療の難易度が高い噛み合わせです。

下アゴの後退(出っ歯)の写真
下アゴの後退(出っ歯)の写真

乳歯の早期脱落 (抜歯)

よく見かけるのがこのパターンです。
虫歯などで乳歯が早期に脱落(抜歯された)した場合に後続の永久歯がなかなかはえないと、脱落した乳歯の後方の歯が前方にずれてきてしまうために徐々に隙間が少なくなり後続の永久歯のはえる余地がなくなり、歯並びが乱れやすくなります。
このような場合はこれ以上隙間が詰まらないように処置をする必要があります。

乳歯の早期脱落 (抜歯)の写真
乳歯の早期脱落 (抜歯)の写真

舌癖(そのほか、指しゃぶりなど)

重度な舌癖の場合ですと開咬といいまして噛んだ状態でも上下の前歯が重ならない状態をいいます。
前歯に隙間が見られることや側方の歯が噛んでいないこともあります。
舌癖によって、歯の裏側を舌で押し当てることが多いからです。
特に開咬の場合は、放置してしまいますといつまでも舌の癖が治らず将来、骨格性の開咬に移行する可能性が高いのでできるだけ早期に対処する必要があります。

舌癖(そのほか、指しゃぶりなど)の写真
舌癖(そのほか、指しゃぶりなど)の写真

過蓋咬合(噛み合わせが深い)

前歯の不揃いを主訴として来院されて、前歯の噛み合わせが深いと指摘されて初めて気が付くことも多いケースです。
下の前歯が、上の前歯で覆われてほとんど見えない場合は、これに該当します。
下あごが後退していて、口が閉じにくいことも多いです。

過蓋咬合(噛み合わせが深い)の写真
過蓋咬合(噛み合わせが深い)の写真

上顎前突(出っ歯)

ただ単に前歯が大きめな場合もありますが、口が閉じにくい状態ですので習慣性で口呼吸をしている場合が殆どです。
さらに、上下のアゴの奥行きも足りないことが多いですので、奥歯にもガタガタが起こりやすいケースです。

上顎前突(出っ歯)の写真
上顎前突(出っ歯)の写真

上記に該当しない場合でも、なにかしら少しでも気になることがございましたら、まずはお気軽に相談にいらしてくださいませ。