永久歯列(大人)の矯正治療

永久歯列(大人)の矯正治療

成人矯正とは

歯並びの状態と口元とのバランスを考慮したうえで、長期間にわたり安定した歯並びが維持できる治療方法を探ってまいります。
そのうえで、抜歯か非抜歯のいずれかの治療を念入りに検討したうえで、同意の上で治療を開始させていただきます。
ここでは抜歯・非抜歯の判断などの記載は割愛させていただきます。

歯にやさしい最近の矯正装置(永久歯列に施す装置)

ライフスタイルに合わせた矯正治療のご提案

当院では表側の固定式矯正装置では、目立ちにくいローフリクションシステムを標準採用させていただいております。
ローフリクションシステムとは、ワイヤーの動きを極力滑らかにするべく工夫された装置のことです。
従来の装置では、ワイヤーとブラケットをしっかりと固定してワイヤーの反発する力で歯を動かしていました。かつては最初に装着するワイヤーが結構太かったので矯正治療は痛いという印象がいまだ拭えないです。

ローフリクションシステムは個々の歯にかかる負担が少なくて済みますので、従来の装置に比べますと痛み軽減、歯の移動が速やかに行えるという大きなアドバンテージがあります。

ローフリクションシステムのメリット

  • 個々の歯にかかる負担の軽減が図れる。つまり歯に優しい。
  • 速やかな歯の移動が可能になる。
  • 1回のチェアサイドでの治療時間の短縮が可能。

ローフリクションシステムのデメリット

  • 必ずしも治療全期間の短縮が図れるわけではない。
  • 舌癖が強い場合には歯の動きにとって不利に働くことがある。
  • 個々の歯の捻れのコントロールがしにくいことがある。

上記しましたように、ローフリクションシステムにもメリットに加えデメリットがあります。つまり従来の装置にも優れたメリットがあるということなのです。
当院では、ローフリクションシステムと従来の装置の特徴を生かしながら両方のメリットを考慮して選りすぐった装置と治療法を導入させていただいております。
また、舌癖の影響が強く認められる場合には治療を効率よく進めるために舌のトレーニングも併用させていただいております。

舌側矯正治療(裏側の矯正治療)

当院での舌側矯正治療用装置は数ある装置の中でも特に装着感の優れたものを選んで使用しております。

舌側矯正治療は裏側矯正治療専門の高度な技術があってこその難易度の高い治療方法です。
適切な治療計画と治療方法はもちろんのこと、装置や歯牙の不具合といった治療途中で起こりうる事例にもしっかり対処できる装置を選んだうえ治療に努めさせていただきます。

また、抜歯前提で治療を行う際は矯正用アンカースクリューの併用が必要になることが多いです。

当院で使用しているSTbブラケット

当院で使用しているSTbブラケット

2Dブラケットシステム

2Dブラケットシステム

補助的矯正装置

補助的矯正装置は矯正治療を効率よく進める上で重要な役割を果たします。
それらの装置の一部をご紹介いたします。

1. 顎間エラスティック(ゴム)を併用して効率よく治療をすすめる

上下前後のアゴの位置関係や咬み合わせを改善するには、ワイヤーによる矯正治療に併用して顎間エラスティックの使用が不可欠です。
このエラスティックを効率よく積極的に使用することで治療期間の短縮につながりますので、当院では効果をしっかり引き出す使用方法をご案内しております。

エラスティック使用時の一例

エラスティック使用時の一例

エラスティック使用3か月後

エラスティック使用3か月後

2. 歯列弓拡大装置

歯列弓拡大装置は歯列の横幅を広げるために使用します。横幅を広げることで、でこぼこした歯並びをほぐしていくのです。

バイパスアーチによる歯列弓幅の拡大装置の例

拡大開始時

拡大開始時

拡大終了時 (3か月後)

拡大終了時 (3か月後)

裏側に装着する固定式歯列弓拡大装置の例

拡大開始時

拡大開始時

拡大終了前 (5か月後)

拡大終了前 (5か月後)

3. その他 矯正補助装置の例

カリエール® ディスタライザー (側方歯を後方に移動させる装置)

後方歯を一括して移動できますので、比較的短期間で歯の後方移動が可能になりました。

側方歯の移動開始時

側方歯の移動開始時

側方歯の移動中(3か月後)

側方歯の移動中(3か月後)

Twin Force® (下アゴを前方に誘導)

下顎の前方成長促進が望めない場合や骨格的な下顎後退症例などに使用します。

装置装着前

装置装着前

装置使用中

装置使用中

4. 矯正用アンカースクリュー(矯正用インプラントアンカー)

アンカースクリューを治療に加えることで効率の良い歯の移動が可能になり、矯正治療単独では困難だった症例に対する適応の可能性も広がりました。
当院ではこのスクリューを矯正治療の補助装置として使用しております。

側方歯の移動開始時

矯正用アンカー使用の一例

側方歯の移動中(3か月後)

アンカー埋入から3か月後