症例集

前歯の歯並びと上顎歯肉が見えるのが気になる 10代末
Before

主訴:前歯の歯並びと上顎歯肉が見えるのが気になる
初診時年齢:18歳
性別:女性
診断名:上下顎叢生
抜歯/非抜歯:小臼歯・親知らずの抜歯
装置名:マルチブラケット装置
治療費用:約62万円(税別)と来院時に調節料5,000円(税別) 
     アンカースクリュー1箇所 30,000円(税別)
治療期間:3年2ヶ月
治療に関する副作用/リスク:歯の後戻り カリエス 歯周炎

前歯の歯並びが気になることと上下前歯正中線のずれ、上顎前歯の歯肉が見えてしまうとのことです。初診時の側貌(横顔の口元のライン)を考慮して上下顎小臼歯抜歯を選択しました。

前歯の歯並びと上顎歯肉が見えるのが気になる 10代末
After

治療期間は3年2ヶ月でした。
治療に時間を要しましたが、初診時に気になる主訴はほぼ改善できました。

治療途中の過程で、上顎前歯の歯肉が目立つとの主訴を改善させるために上顎前歯歯肉部にアンカースクリューを埋入して上顎前歯を上方に若干牽引しました。

前歯の歯並びと上顎歯肉が見えるのが気になる 10代末
前歯の歯並びと上顎歯肉が見えるのが気になる 10代末