症例集

口が閉じにくい  10代半ば
Before

主訴:前歯の見た目が気になる
初診時年齢:15歳
性別:男性
診断名:上下顎前突
抜歯/非抜歯:抜歯
装置名:マルチブラケット装置
治療費用:約62万円(税抜)と来院時に調節料5,000円(税抜)
治療期間:1年9ヶ月
治療に関する副作用/リスク:歯の移動時の痛み 装置による口腔粘膜の口内炎

上あごの前歯が出ているのが気になることで来院されました。
歯並び以外では口が閉じにくいとのことでいつも口が開いてしまうとのことです。

口元の突出感はそれほど大きくはありませんでしたが、上下あごの前歯を内側に入れて少しでも口を閉じやすくするため上下あごともに小臼歯抜歯して治療をすすめることにしました。

口が閉じにくい  10代半ば
口が閉じにくい  10代半ば
After

治療期間は1年9ヶ月でした。

本症例では口元の改善などを考慮した総合的な判断で小臼歯抜歯を選びました。
少しでも口を閉じやすい状態にするために今回は抜歯を選択しましたが、すべての症例に当てはまるわけではなく非抜歯を敢えて選択するケースも勿論あります。

口が閉じにくい  10代半ば
口が閉じにくい  10代半ば