ブログ

しつこい腰痛をなんとかする  (長津田・青葉区の矯正歯科) 2015.02.25

横浜市青葉区 長津田&田奈の歯列矯正 長津田アオバ矯正歯科 です。


歯科医師は仕事中の姿勢も関係して、確かに腰痛に悩まされている方が多いと思います。


私の場合は仕事の姿勢が原因ではありませんが、20代後半の頃から最近まで長い間ずっと腰痛に悩まされてきました。


仕事中、座っていても立っていてもしばらくするとじわじわと腰回りが痛み出します。


また外出して少し歩くだけでうずくまりたくなるほどなんとも言えない激痛が始まります。


さらには自宅で座っている時や就寝時でさえ痛みが付いて回り、一日中腰痛に悩まされるようになりました。



こんな状態が15年以上相変わらず続いていたのですが、激痛の原因が分からない状態でかなり不安を感じていましたので、原因を知るべくようやく重い腰を上げて整形外科に出向くことにしました。



MRIで画像診断をしてもらったところ、仙骨と第五腰椎の間の椎間板がほぼすり減って仙骨と腰椎がほとんど接している状態だということがようやくわかりました。



確かに見るからに痛そうな状況ではありますが、これが痛みの原因かどうかは全く別でして、対処療法を施されたわけではなかったのですが現状を把握しただけでもかなり安心できました。



その後は、現状維持で痛みがよくなったわけでもなくそのまま数年間過ごしていました。



で、そんな折に自分の身体ではなく自家用車が不具合で整備工場に長期間入庫するはめになりました。


そこで敢えて代車を借りずに普段から歩き足りないと自覚していましたので、可能な限りこの機会に徹底して歩くことにしました。



車の入庫期間は2か月近くかかり、この期間に毎日46 キロ (4060) 歩くようにしました。


すると、車が完治する前に腰痛が先に治まってしまいました。



最初は1キロも歩くとうずくまるほどでしたが、3週間ほどで何キロ歩くのもへっちゃらになっていました。



そして仕事中や帰宅してからもいつの頃からか腰痛が全く起こらないことに気が付いた次第です。



じつは車が戻ってくるよりも腰痛が治ったことのほうがはるかに嬉しかったのです。



そこで、なぜ腰痛が収まったのか自分なりに考えてみました。あくまでも、私の腰痛が改善したのは結果の一例に過ぎませんので万人に通用するかどうかはわからないのですが、少なくとも以下の考察はだれにでも当てはまるのではと思っています。



ここからが今日の本題です。さきほどの整形外科の担当ドクターとのやりとりが以下の通りでした。



整形外科のドクター ”私とほとんど同じ年のわりにはとてもひどい状態ですね。”


私         ”それならばこの先良くなりますか?”


整形外科のドクター ”せいぜい良くて現状維持です。これ以上良くなることはないですね。”



これを聞いて私は   ” えっ?このドクター、大丈夫か?!”   とイラッとしたので、



私         ” 自転車に乗ったり歩くことで良くなったりすることはありますか?”


整形外科のドクター ” さあ、どうでしょう。”  ← 無表情・無関心という様子



こんな対応をされてしまったので聞く気も失せてしまいました。

その代わり、医者がよう治せないのなら自分自身でなんとかしてやると決めました。


そこで、歩く際に意識したのが背筋を伸ばして歩幅を大きめで歩くということ。

そして、できるだけいつも背中を延ばすように意識する。


ただこれだけなのですが、ほぼ毎日数キロ歩いた結果、腰のしつこい痛みが消失していました。


痛みの直接の原因はわかりませんのであくまでも推察になるのですが、




毎日継続して歩いた

  ⇩

まず腰周囲の筋肉群の筋力がついてきた

  ⇩

筋肉群の力のバランスが変化した

  ⇩

筋肉などの軟組織が骨組織の構造に変化を与えた

  ⇩

筋と骨の機能とバランスが新しい位置で補完された




その結果、新しいバランスで筋と骨が機能するようになり腰痛の改善に影響したと推察できました。

また、このように考察したのには理由があります。



当院では、矯正治療に併せてMFT(筋機能療法)というトレーニングメニューがあります。


MFTは口腔内外の筋組織の本来の機能を回復させることを目的としており、矯正治療と併用させることで、舌や唇、頬の機能を改善して顔のバランスも整えていきます。



つまり、筋肉を鍛えると硬い骨まで影響を与えるということ。


実際に口腔周囲で筋肉を鍛えることで骨にまで影響を与えることが可能なのですから、当然ながら腰周囲でも同様な良き変化が起こった、と考察できた次第です。



しつこい腰痛にはまず腰の筋肉を鍛えてみてはいかがでしょう。