ブログ

鼻がつまるから口呼吸してしまう?  (長津田・青葉区の矯正歯科) 2017.11.02

横浜市青葉区 長津田&田奈の歯列矯正  長津田アオバ矯正歯科です。



季節の変わり目、特に秋から冬への時期は気温の寒暖差が大きく体調を壊しがちです。

体調の具合が悪くなると共に鼻の調子も悪くなり鼻がつまることも多いのではないでしょうか。

そんな折、ひょっとして口呼吸になってはいませんか。




ちなみに、口呼吸は習慣です。

鼻がつまっているから口で呼吸せざるをえない・・・  



いいえ、その逆です。

いつも口で呼吸をしているから鼻がつまってしまうのです。

口はしゃべったり食事をするための器官であり呼吸をするためにあるのではありません。



それでは、鼻がつまって辛い時に鼻翼を指でつまんでみてください。

そして首を上下に動かして我慢できるぎりぎりのところで指を離してみますと・・・



すっと鼻の通りが良くなっているはずです。



身体はちゃんと鼻に空気を通すように常に機能しているのです。

たとえ鼻がつまってもいざという時は身体を守るため、鼻から空気を通すように機能しはじめるのです。



鼻中を経由することで空気が浄化されるだけでなく脳の血管が冷やされますので頭もスッキリします。

冷静になるには、まさに頭を冷やすべし・・です。



詳細についてはトップページの ” 鼻呼吸のすすめ ” も併せてご覧ください。

次回は鼻づまりの改善に役立つとっておきの方法をご案内いたします。