ブログ

保定でアライナー 概要  (長津田・青葉区の矯正歯科) 2014.09.10

横浜市青葉区 長津田&田奈の歯列矯正 長津田アオバ矯正歯科です。今日は臨床のトピックです。


アライナー" とはalign-er、つまり整列させる装置という意味になります。矯正歯科治療では、マウスピースタイプの透明な矯正装置として昨今導入する歯科医院が増えたこともあり耳にしたことがあると思います。


当院では、矯正治療方法の一つとしてASOアライナーとインビザラインという2つの製品を扱っておりますが、どうしても装置の性質上なかなかすんなりと歯が動いてくれない時も多々あります。


そんな時は、長年の臨床事例をもとにいろいろな工夫を施すことで、ワイヤーでの矯正治療ほどではないのですがある程度の細かな歯の移動も可能になりました。


ただアライナーを装着していただくだけではなかなか治療が進まないこともあり得ますので、そこにはノウハウ&テクニックが欠かせません。


今回のトピックはアライナーを使った症例の紹介ではなく、アライナーを矯正治療の仕上げや保定に応用した症例をいくつか案内させていただきます。



矯正治療直後の歯並びを安定させるために保定期間を設けているわけですが、治療直後の歯並びはとても不安定な状態です。


何も装置を装着せずに放っておくと歯はすぐに元の位置に戻ろうとして、後戻りが起こります。これは当然のことでして、体にとっては新しい歯並びの状態のほうが異常な状態であるからです。

いわゆるリバウンドです。


歯はより安定したい位置に自然に動きますし、人によって口腔内の軟組織の環境が異なること、術後の歯並びの状態、親不知の存在など多くの要因が関わっていますので、矯正治療直後のきれいに整った歯並びをそのまま長期間維持することは非常に困難なことなのです。


保定期間中の定期的なチェックに来院していただきリテーナーもしっかり使っていただいたにも拘わらず少しずつ前歯がずれてくることもあります。


話は変わりますが、固定式矯正装置での治療で歯並びがほとんど仕上がったにもかかわらず、対合歯との咬合状態により最後の最後で何をしてもウンともスンとも歯が動いてくれなかったり、ちょっとしたスペースがいつまでも閉じてくれないことがあります。


このような場合、当院ではアライナーを応用することにしております。アライナーで矯正治療を行う際、ASOアライナーやインビザラインは外注になりますが、軽度な歯並びの改善やちょっとした後戻りの場合は、当院でアライナーを作製しております。


さらに当院の治療メニューには、後戻りに備えてアライナーをオプションとして選択していただけます。矯正治療終了直後の歯並びの状態であらかじめアライナーを用意しておくのです。


きちんとリテーナーを使っているのにちょっと後戻りしてきた・・という場合でも、一か月ほどの装着で保定開始時の状態に歯並びが回復してきます。これはおススメです。


今回は、この製作作業の様子と症例の一部を数回に分けてご案内しようと思います。